TTIL

2022-01-10 レポジトリ内のディレクトリの略称

レポジトリ内のディレクトリの略称

略称どんなの使われているっけ?ってことで調べた

  • src: source、ソースコード
  • dst/dest: destination, ソースコードから出力されたもの
  • dist: distribution, 配布物(dst と意味合いは近いっぽい)
  • bin: binary, 実行ファイル, 必ずしもバイナリファイルである必要はなく binstub (後述)であるケースも多い
  • docs: ドキュメント置き場
  • test: テスト置き場

binstub

binstubとは、実行可能ファイルのラッパースクリプトです。ここで言う実行可能ファイルは「バイナリ」を指すこともありますが、コンパイルされたバイナリでなくても構いません(訳注:シェルスクリプト等も対象です)。binstubの目的は、その実行可能ファイルを呼び出す前に環境を整えることです。

binstubをしっかり理解する: RubyGems、rbenv、bundlerの挙動(翻訳+解説)|TechRacho by BPS株式会社

参考にした記事