TTIL

2022-01-07 HTTP Status 410 Gone / 最適なfont-family in 2022

410 Gone - HTTP | MDN

HyperText Transfer Protocol (HTTP) の 410 Gone クライエントエラーレスポンスコードは、元のサーバーで利用できなくなっている対象リソースにアクセスしていることを示します。この状態は永久的です。

この状態が一時的なものか永久なのか分からない場合は、代わりに 404 ステータスコードを使用してください。

削除されたり・非公開になったりしたリソースは404よりも410のほうが良かったりするのかなって思ったが、復活する場合は404を使ったほうが適当っぽい。

逆に恒久的に取り消せない削除(データの物理削除)などの場合は 410 で良さそうな気がした。ただ当該URLを使い回すなどの可能性がある場合は、404にしておいたほうが無難なようだ。

最適なfont-family in 2022

body {
  font-family: "Helvetica Neue",
    Arial,
    "Hiragino Kaku Gothic ProN",
    "Hiragino Sans",
    Meiryo,
    sans-serif;
}