Go quick sort の実装を見る

go の sort package - sort - pkg.go.dev の中身

// Sort sorts data.
// It makes one call to data.Len to determine n and O(n*log(n)) calls to
// data.Less and data.Swap. The sort is not guaranteed to be stable.
func Sort(data Interface) {
  n := data.Len()
  quickSort(data, 0, n, maxDepth(n))
}

Sort 内で quickSort を call している。

func quickSort(data Interface, a, b, maxDepth int) {
  for b-a > 12 { // Use ShellSort for slices <= 12 elements
    if maxDepth == 0 {
      heapSort(data, a, b)
      return
    }
    maxDepth--
    mlo, mhi := doPivot(data, a, b)
    // Avoiding recursion on the larger subproblem guarantees
    // a stack depth of at most lg(b-a).
    if mlo-a < b-mhi {
      quickSort(data, a, mlo, maxDepth)
      a = mhi // i.e., quickSort(data, mhi, b)
    } else {
      quickSort(data, mhi, b, maxDepth)
      b = mlo // i.e., quickSort(data, a, mlo)
    }
  }
  if b-a > 1 {
    // Do ShellSort pass with gap 6
    // It could be written in this simplified form cause b-a <= 12
    for i := a + 6; i < b; i++ {
      if data.Less(i, i-6) {
        data.Swap(i, i-6)
      }
    }
    insertionSort(data, a, b)
  }
}

面白いのは要素が12以下の場合、ShellSort を使っていて、そうでなければクイックソートを使っているというところ。

だがそれ以外にも heapSort, insertionSort というソートアルゴリズムがでてくる。そのへんの解説は下記記事が詳しかった。

Goのsortパッケージの実装を覗いてソートアルゴリズムに触れてみる - Qiita

ソートアルゴリズムについては下記にまとめる。

ソートアルゴリズムまとめ

クイックソート - Wikipedia

ヒープソート - Wikipedia

シェルソート - Wikipedia

挿入ソート - Wikipedia

バブルソート - Wikipedia